正指揮者 新田ユリ


正指揮者 新田ユリ

2015年より愛知室内オーケストラ初代常任指揮者を務め、2019年夏にはフィンランドの歴史ある音楽祭、リエクサ・ブラスウィークにオーケストラとともに招聘を受けフィンランド公演を成功させた。

1990年ブザンソン国際青年指揮者コンクールファイナリスト、1991年東京国際音楽コンクール<指揮>第二位受賞。東京交響楽団にてデビュー後国内主要オーケストラへ客演。2000年10月から1年間、文化庁芸術家在外研修生としてフィンランド・ラハティ交響楽団にて、当時の音楽監督オスモ・ヴァンスカのもと研鑽を積む。以後日本とフィンランドを拠点として活動を続ける。2005年フィンランド・ラムステッド奨学金受賞。クオピオ交響楽団、ミッケリ市管弦楽団、ヨエンスー交響楽団、クリスチャンサン管弦楽団、南デンマークフィル、フィンランド国防軍吹奏楽団、フィンランド海軍吹奏楽団、ラ・テンペスタ等に客演。また2005年~2007年オウルンサロ音楽祭、2006年、2013年リエクサ・ブラスウィークに招聘。

これまでに尾高忠明、小澤征爾、秋山和慶、小松一彦、オスモ・ヴァンスカの各氏に師事。またシプリアン・カツァリス、マキシム・ヴェンゲーロフ、ヨウコ・ハルヤンネ、オイスタン・ボーズヴィーク等世界的ソリストとも共演。現在日本シベリウス協会第3代会長を務める。国立音楽大学、相愛大学非常勤講師。アイノラ交響楽団正指揮者。著書に「ポホヨラの調べ」(五月書房新社)。


【タグ】
,

【ブログ】

お知らせ以外のオーケストラの日々の様子や、豆知識などをお伝えしていきます。


△ページの先頭へ