アイノラ交響楽団 団員募集中

第14回定期演奏会にて

正指揮者 新田ユリ

ジャン・シベリウス Jean Sibelius 1865-1957

シベリウスが晩年を過ごしたアイノラ荘

アイノラ交響楽団は、シベリウスなど北欧作曲家作品を中心に演奏するアマチュア・オーケストラです。

アイノラ交響楽団は、フィンランドを代表する作曲家、ジャン・シベリウスの音楽をこよなく愛するアマチュア演奏家によって、2000年12月に設立されました。原則的に春に年に一度の定期演奏会を開催しており、前年の秋からそのための練習を行っています。

アイノラ交響楽団 日本シベリウス協会主催演奏会 クッレルヴォ 2015/3/3 すみだトリフォニーホール
アイノラ交響楽団 日本シベリウス協会主催演奏会 クッレルヴォ
(2015/3/3 すみだトリフォニーホール)

【次回の演奏会】

第16回定期演奏会 ~夜をみつめて~

第16回定期演奏会チラシ表 第16回定期演奏会チラシ裏

チラシはクリックすると拡大表示します

指揮

新田 ユリ (正指揮者)

日時

2019年4月7日(日) 14:00開演 (13:15開場)

会場

杉並公会堂 大ホール (荻窪駅北口より徒歩7分)

入場料

当日:2,000円 (前売 : 1,500円) 全席指定

前売券

チケットぴあ (Pコード : 137-120) 購入ページはこちら TEL: 0570-02-9999

杉並公会堂チケットカウンター TEL: 03-5347-4450

※1/5(土) AM10:00より発売
※各コンビニの端末でもチケットぴあからの購入ができます。

日本-フィンランド外交関係樹立100周年

このコンサートは『日本-フィンランド外交関係樹立100周年』後援イベントです。
公式サイト

団員募集中 ヴァイオリン・コントラバス


曲目

ジャン・シベリウス(Jean Sibelius)

音詩「夜の騎行と日の出」 作品55


エイノユハニ・ラウタヴァーラ(Einojuhani Rautavaara)

カントゥス・アルクティクス
(鳥とオーケストラのための協奏曲) 作品61


~ 休憩 ~

ジャン・シベリウス(Jean Sibelius)

鶴のいる情景(劇音楽「クオレマ」より) 作品44-2

交響曲第4番 イ短調 作品63


※当日は上記曲順および休憩箇所にて進行いたします。

主催

アイノラ交響楽団 お問い合わせはこちらより

後援

フィンランド大使館
一般社団法人 日本フィンランド協会
日本シベリウス協会
一般社団法人 日本フィンランド文化友好協会
北欧文化協会
杉並区

ご注意

未就学児の入場はご遠慮いただいております。ご了承ください。
会場には駐車場がありませんので公共交通機関をご利用ください。

夜の静寂に耳を傾けるとき、人はそこに何を思い浮かべるでしょうか?
それは自らの来し方や行く末かもしれませんし、もっと大きな存在、例えば抗いがたい自然への畏敬の念かもしれません。

シベリウスの交響曲第4番は、演奏される機会こそ多くありませんが、深夜にそっと一人で聞きたくなるような、内省的な気分を誘う作品です。
また、同じくシベリウスの音詩「夜の騎行と日の出」は、曲名が示すように、夜中から夜明けに至る時間の推移を動的に描いた作品です。

「夜をみつめて」と題した第16回定期演奏会では、これらの作品をはじめ、夜の霊感を呼び起こすような魅力に満ちた楽曲のプログラムをお届けします。
シベリウス以外では、同じフィンランドの現代の作曲家、エイノユハニ・ラウタヴァ―ラによる「カントゥス・アルクティクス」(別名:「鳥とオーケストラのための協奏曲」)を演奏します。

第16回定期演奏会 練習風景フォトギャラリー


The 16th Sinfonia Ainola Annual Concert
– Looking at the night –

Conductor

Yuri Nitta (Permanent Conductor)

Date

Sunday 7 April 2019 at 14:00pm (opening at 13:15pm)

Venue

Suginami Kokaido Hall, Tokyo MAP

Admission

2,000JPY (Advance ticket 1,500JPY) All seats are reserved

Advance ticket

Ticket Pia, (Pcode:137-120) BUY
Available at Suginami Kokaido Hall (TEL: 03-5347-4450

Program (Performing order)

Jean Sibelius

Tone Poem “Night Ride and Sunrise” op.55


Einojuhani Rautavaara

Cantus Arcticus
(Concerto for Birds and Orchestra) op.61


– Intermission –

Jean Sibelius

Scene with Cranes
(from the Incidental Music to “Kuolema”) op.44-2

Symphony No.4 in A minor op.63


Organizer

Sinfonia Ainola

Supprted by

Embassy of Finland,Tokyo
Japan-Suomi Yhdistys
The Sibelius Society of Japan
The Japan Finland Culture and Friendship Association
The Nordic Cultural Society of Japan
Suginami City

100 YEARS OF FINNISH-JAPANESE FRIENDSHIP

This concert is a support event of “100 YEARS OF FINNISH-JAPANESE FRIENDSHIP“.


When you listen to the serenity at night, what do you imagine?
It might be your own past or future. You may feel a sense of awe for the beauty of nature.

Sibelius’ 4th symphony is not so high frequency for performing in classical concerts. Because, it is an introspective piece. A piece we may want to listen to alone past midnight.
Also, Sibelius’ Tone Poem “Night Ride and Sunrise” has illustrated the natural process between midnight and the dawn.

We named this concert “Looking at the night”. There are other two pieces in this program to inspire you to think about the night.
We will perform “Cantus Arcticus” (alias : Concerto for Birds and Orchestra) composed by Einojuhani Rautavaara a contemporary Finnish composer.

* Preschool children will not be admitted. There are no parking lots.
* Currently, we are looking for violin and bass players. detail

If you have any questions, please don’t hesitate contact us anytime.

Photo gallery

【ブログ】

お知らせ以外のオーケストラの日々の様子や、豆知識などをお伝えしていきます。


△ページの先頭へ