金管楽器トレーナー 小林 正樹

金管楽器トレーナー 小林 正樹

5才よりピアノ、10才よりトランペットを始める。
12才より北村源三氏に師事。
東京藝術大学に入学後、トランペットを北村源三氏、室内楽を中山冨士夫氏、山本武雄氏に師事。
在学中ヴィンセント・チコビッツ、ギー・トゥーヴロン各氏の公開レッスンを受ける。
卒業後ウィーン国立音楽大学、A.ホラー氏のクラスにて研修。
北村源三氏主催のトランペットクァルテット「ヴィルトゥオーゾ トランペット東京」のメンバーとして活動。
渋谷交響楽団、琉球大学管弦楽団、東京電機大学管弦楽団とアルチュニアン、ハイドン、フンメルのトランペットコンチェルトを共演。
ソロ・室内楽・オーケストラなどで活動しながら、近年は金管楽器演奏技術の研究に力を注いでいる。


【ブログ】

お知らせ以外のオーケストラの日々の様子や、豆知識などをお伝えしていきます。


△ページの先頭へ