正指揮者 新田ユリ


正指揮者 新田ユリ

国立音楽大学卒業。桐朋学園大学ディプロマコース指揮科入学。指揮を尾高忠明、小澤征爾、秋山和慶、小松一彦各氏に、室内楽を三善晃氏に師事。1990年第40回ブザンソン国際青年指揮者コンクールファイナリスト。1991年東京国際音楽コンクール指揮部門第2位。1991年に東京交響楽団を指揮してデビュー。

その後も東京都交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、広島交響楽団、札幌交響楽団、京都市交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、大阪センチュリー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、オーケストラアンサンブル金沢、愛知室内オーケストラ、京都フィルハーモニー室内合奏団などを指揮。

また東京佼成ウィンドオーケストラ、大阪市音楽団、シエナ・ウィンド・オーケストラ、東京吹奏楽団を指揮。1994年キングレコードより東京佼成ウィンドオーケストラとのCDを6枚リリース。また2009年にポニーキャニオンから「決定盤吹奏楽シリーズ」を3枚リリース。オペラでは、横浜シティオペラ、大田区民オペラ協議会で 「後宮からの逃走」「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァン二」「コシ ファン トゥッテ」「魔笛」「夕鶴」を指揮。

2000年秋より1年間文化庁芸術家在外研修員としてフィンランドに派遣され、音楽監督オスモ・ヴァンスカ氏のもとラハティ交響楽団で研修。同交響楽団での公演、リハーサルを指揮するほか、フィンランド国立歌劇場とサヴォンリンナ音楽祭においても、オスモ・ヴァンスカ氏のアシスタントを務める。またラハティ市コンセルヴァトワールの学生によるオーケストラ、吹奏楽公演を指揮する。2001年8月~2002年9月に、ラハティ交響楽団メンバーを中心に「アンサンブル・イリス」を結成し、フィンランドと日本の作品をレパートリーとする演奏活動を行った。室内楽ピアノ奏者としてもラハティ交響楽団メンバーらと活動を行っている。

クオピオ交響楽団、ミッケリ市管弦楽団、ヨエンスー市管弦楽団、フィンランド海軍吹奏楽団、フィンランド国防軍吹奏楽団、ラ・テンペスタ、クリスチャンサン交響楽団などフィンランドはじめ北欧諸国へ客演を続けている。2005年~2007年オウルンサロ音楽祭へ招聘、2006年2013年リエクサ・ブラスウィーク客演。2005年9月にフィンランド日本友好協会よりラムステッド基金奨学金を授与される。2007年8月にはヘルシンキでラ・テンペスタ創立10周年記念コンサートを指揮。

また2006年4月にはオクタヴィア・クリストンより<Symbiosis>をリリース。フィンランド放送交響楽団ソロ首席トランペット奏者ヨウコ・ハルヤンネとクオピオ交響楽団と共演。2006年、2007年には東京新聞フォーラム「指揮者がみたフィンランド」にて講演と演奏のプロデュース・指揮を務めた。プログラムノートの執筆も積極的に行っており自分の公演以外にも、2007年5月には紀尾井シンフォニエッタ東京、2008年1月にはNHK交響楽団の定期演奏会において北欧音楽の解説を執筆。2007年4月より2009年3月まで中日新聞「エンタ目」に月1度コラムを担当した。2008年6月、2010年7月にNHK「名曲探偵アマデウス」に出演。シベリウスの「フィンランディア」「交響曲第2番」を特集した番組の解説を務める。

日本においてもフィンランドを初めとする北欧5カ国の作品の演奏に力を注ぎ、その叙情的な感性は高く評価されている。
2015年1月より、一般社団法人愛知室内オーケストラの常任指揮者に就任。

現在国立音楽大学、桐朋学園大学、相愛大学、同志社女子大学で後進の指導にあたる。
響宴会員。日本シベリウス協会会長。

アイノラ交響楽団正指揮者、「森と湖の詩サロンコンサート」主宰
2012年1月より株式会社東京コンサーツ所属
新田ユリ 公式ホームページ 森と湖の詩

正指揮者 新田ユリ

【タグ】
,

【ブログ】

お知らせ以外のオーケストラの日々の様子や、豆知識などをお伝えしていきます。


△ページの先頭へ