【不定期連載】シベリウスと伊福部昭の作風、そしてラウダ・コンチェルタータ 22

2017年09月19日

私が不勉強なうちに、伊福部先生の研究も進んでおりました!

神部智さんと同じく2015年出版の柴橋伴夫さんの著作「生の岸辺 伊福部昭の風景」からです。
(すいません。まだ読んでる途中なのですが…)
この本の特徴は、とにかく伊福部先生の生活された場所に行くというところです。

最初は因幡国 鳥取国府町の宮宇部神社訪問のお話から始まります。
そして北海道は音更の村へ…
それは「テロノワール」という言葉に象徴される生育環境、ぐぐっと拡げて「文化土壌」。
芸術的創造力と「テロノワール」(Trroir)には、密接なる関係があるとの信念に基づいたものです。(まだ読了してませんが…)

柴橋さんは、2014年11月20日にスーパー十勝で音更村に向かわれたとのことです。
なんと、かの地には「伊福部昭音楽資料室」があるのだそうです!行きたいですね!
伊福部先生のお父様、伊福部利三さんが、音更村の村長に就任されたのは1923年。
その23年前の1900年に創建された音更神社では、今でも獅子舞神楽が奉納されているそうです。
そして「伊福部昭音楽資料室」の設立に尽力された青山昌弘さんによれば、伊福部先生の初期ピアノ作品にして最後の大規模管弦楽作品「日本組曲」の冒頭の音に「この獅子舞神楽の一節が引用されている」と。
これこそ「民族の文化を通してこそ、世界に普遍化する芸術を生み出すことができる、という先生の哲学の実証でした。」と。
嗚呼、行ってみたい。寒くなりすぎる前に…A温泉部の皆様いかがでしょうか?(果たして温泉はあるのか!)

山本 勲
(次回へ続く)

生の岸辺 伊福部昭の風景 [ 柴橋伴夫 ]

価格:3,240円
(2017/9/19 14:31時点)
感想(0件)



▼コメントをどうぞ

不正なコメント投稿を防止するため、お寄せいただいたコメントは管理者に送られ内容を確認させていただいた後に表示されます。
誠に恐れ入りますが、コメントの表示までしばらくお待ちください。


△ページの先頭へ