【不定期連載】ラウダ・コンチェルタータ 番外編 その2

2017年08月10日

今日は山本 勲に代わって、Webサイト&SNS周りの中の人(アイノラ交響楽団 トランペット奏者)がお送りします。

私のトランペットの先生は、元 東京フィルハーモニー交響楽団のトランペット奏者でした。
正確には、新星日本交響楽団のトランペット奏者で、楽団の合併により東京フィルハーモニー交響楽団へ移籍したカタチになっています。
先生と今夜、池袋にある焼きとん屋で、新星日本交響楽団在籍時における、伊福部 昭「ラウダ・コンチェルタータ」の初演時の様子について、少しのお話を伺うことができました。

私の先生は「ラウダ・コンチェルタータ」の初演当時、新星日本交響楽団の首席トランペット奏者でした。
もちろんリハーサルと本番には先生の1stトランペットに加え、作曲者である伊福部 昭先生も立ち合われました。
初演時の成功は、その後の新星日本交響楽団のヨーロッパ公演にて、この組み合わせによるツアーを行ったという事実でお解りいただけると思います。
故・山田一雄先生の指揮と安倍圭子先生のソロ・マリンバによるリハーサル~初演の本番は、かつてない音楽体験のひとつだったそうです。

私の拙い文章表現ではこれが精いっぱいなのですが、アイノラ交響楽団ではこの音楽体験を共有し、お客様にもお伝えできればと考えております。
是非とも、来年4月8日の本番には杉並公会堂へ足をお運びください。
弦楽器プレーヤーの方がご覧であれば、新田ユリ先生とアイノラ交響楽団で、この新たな音楽の体験を創造しましょう!
アイノラ交響楽団への演奏への参加および、本番コンサート(2018/4/8 杉並公会堂)へのご来場を心よりお待ちしております。
よろしくお願いします。

Webサイト+SNS中の人
(次回へ続く)

私のトランペットの先生です
本日の飲み会の様子1
本日の飲み会の様子2


▼コメントをどうぞ

不正なコメント投稿を防止するため、お寄せいただいたコメントは管理者に送られ内容を確認させていただいた後に表示されます。
誠に恐れ入りますが、コメントの表示までしばらくお待ちください。


【ブログ】

お知らせ以外のオーケストラの日々の様子や、豆知識などをお伝えしていきます。


△ページの先頭へ