【不定期連載】シベリウスと伊福部昭の作風、そしてラウダ・コンチェルタータ 8

2017年07月31日

さあみなさま、そろそろ「ラウダ・コンチェルタータ」を聴いてみようかという気分になってきた頃ではないでしょうか?
といった事で、文字で聴く「ラウダ・コンチェルタータ」をお送り致します。
こちらは、水星交響楽団のプログラムに掲載した拙文からの抜粋となります。

曲は途切れのない単一楽章。「神話的に」と書かれた弦楽器の息の長ーい憂愁のメロディーで衝撃的に始まります。
天空から降り注ぐようなホルン、息を潜めるようなオーボエ、そして原初の思いをぶつけるかのようなマリンバの無骨なモノローグ。
これはやがて現れる、めくるめくマリンバの主題提示でもあるのでした。
再びそれに答えるかのような弦楽器の憂愁のメロディー、つぶやくように静まっていくと……
地の底から響いてくるようなマリンバの低音の刻み。なんと伴奏はティンパニだけ!延々と続くマリンバの刻みに呼応するようにオーケストラが目を覚ましていく!マリンバが見得を切るようなスフォルツアンドでけりをつけると、待っていたかのように、弦楽器の壮絶な刻みがあとを紡ぎます。
ひとしきりオーケストラが活躍した後は伊福部先生の真骨頂!
なんと、ソリストにひたすら行進曲風刻みを伴奏させて、オーケストラが息のながーいながーい憂愁のメロディーを繰り広げます!
憂愁のメロディーとひたすら突き進むバーバリズム!もやはここまでか!とまで繰り返された末に、感極まったフルオーケストラの2回の叫び!
ハープに縁取られたマリンバのモノローグ、なにかを思い切るような弦楽器のメロディー、レッジェーロと書かれたゆっくりとしたマリンバの伴奏に、オーケストラの雅楽の響き。
そして長大なマリンバのカデンツア……
やがて、雪の中をひとり歩くような、ゆっくりとしたマリンバの伴奏によりそう孤高のフルートソロ。
ついにオーケストラが息を吹き返します。冒頭の弦楽器の憂愁のメロディーが回帰し、冒頭でオーボエが奏でた孤高のテーマをマリンバが大トレモロで再現です。
拍子木のようなティンパニのソロが、寄せては還す波のように静まると、ついに終末進行へののろしがあがります。
トムトムの合図とともに、ノンストップアクション!地の底から響いてくるようなマリンバの低音の刻み、呼応するオーケストラの響き!ソリストに伴奏させるオーケストラの息の長い憂愁のメロディー!!
ここで調性も変わり、マレットも変えて大コーダ!マリンバ、高音弦楽器、高音木管楽器がひたすら刻む中、低弦と金管が冒頭の憂愁のメロディーを大々的に拡張して再現します!!
これぞ日本音楽の力、繰り返しによるナチュラルトリップ!

なだれ込むように一気に終結です。指がちぎれそうです。

山本 勲
(次回へ続く)



▼コメントをどうぞ

不正なコメント投稿を防止するため、お寄せいただいたコメントは管理者に送られ内容を確認させていただいた後に表示されます。
誠に恐れ入りますが、コメントの表示までしばらくお待ちください。


△ページの先頭へ