【不定期連載】シベリウスと伊福部昭の作風、そしてラウダ・コンチェルタータ 6

2017年07月31日

伊福部昭がシベリウスについて語った記録が残っています。

“前略~問題なのはシベリウスですけど。札幌の頃に、いつも黒いジャケット着た不思議な男がいて、我々は「シベリウス」っていうあだ名をつけていたんですけど、シベリウスのことをばかに褒めるんですね、その男が。あれのどこがモダンなんだ、どこがいいんだと、よく論争してましたが。今はシベリウスには分かるところはある。近さのある作曲家と感じています。でも若い頃は、シベリウスも、私たちにはロマン派の延長というふうにしか、聴き取れなかったですね。”

うーん、本人はあまりピンときていなかったのかもしれませんね。

山本 勲
(次回へ続く)



▼コメントをどうぞ

不正なコメント投稿を防止するため、お寄せいただいたコメントは管理者に送られ内容を確認させていただいた後に表示されます。
誠に恐れ入りますが、コメントの表示までしばらくお待ちください。


△ページの先頭へ