【不定期連載】シベリウスと伊福部昭の作風、そしてラウダ・コンチェルタータ 5

2017年07月31日

ところで、シベリウスと伊福部には音楽そのもの以外にもかなり近いところがあります。
二人とも、若い頃はバイオリニストを目指されつつも作曲の道に進みました。
弦楽器のみなさんには、パート譜から浮かび上がる共通点もあるのではないでしょうか?
それからもうひとつは、大変な愛妻家であったそうです。

シベリウスの妻 アイノ

こちらもそれだけで1冊の本になるくらいの話題ですね。
そしてもうひとつ。大変な呑んだくれであったと!
ああ、いいですねえ。

山本 勲
(次回へ続く)



▼コメントをどうぞ

不正なコメント投稿を防止するため、お寄せいただいたコメントは管理者に送られ内容を確認させていただいた後に表示されます。
誠に恐れ入りますが、コメントの表示までしばらくお待ちください。


△ページの先頭へ