【不定期連載】シベリウスと伊福部昭の作風、そしてラウダ・コンチェルタータ 3

2017年07月31日

オスティナートの次は和音についてです。

いわゆるクラシックと呼ばれる西洋音楽は、ドミソをもっとも落ち着く響きとして、「ハーモニーが様々な冒険を経て最終的にはドミソに落ち着きました」とい構造を伝統的に用いています。

しかし「ドミソが落ち着いて聴こえる」というのは世界共通なのでしょうか?

ちょっとうろ覚えなのですが、伊福部昭の本の中に、2つの異なる音程を同時に鳴らしたとき、どの音程がいちばん美しく感じるか?という実態調査の話題が出てきました。

それによれば、日本人には三度(例えばドとミですね)よりもニ度(例えばドとレですね)を美しく感じると答えた方がかなりの割合でいた、とあります。

この二度の響きはシベリウスでも多用されています。

例えば「エン・サガ」の冒頭アルペジオをバックしてに現れる木管メロディの響き、交響曲1番冒頭のティンパニの伴奏とクラリネットソロ、日本の伝統音楽、あるいは雅楽に頻発する笙の響き。そしてラウダでは、静かな中間部でマリンバを支える雅楽ハーモニーなど、至る所で豪快にニ度のハーモニーが使われています。

さあ皆さんはニ度と三度、どちらの響きに惹かれるでしょうか?

ぜひ一度、耳を澄ませてみてくださいませ。

山本 勲

(次回へ続く)



▼コメントをどうぞ

不正なコメント投稿を防止するため、お寄せいただいたコメントは管理者に送られ内容を確認させていただいた後に表示されます。
誠に恐れ入りますが、コメントの表示までしばらくお待ちください。


△ページの先頭へ